占い館の猫執事 Vol.2「冬の始まり」

朝晩が冷え込んで来た。

まだ少し早いが、魔女たちのために暖炉や薪ストーブの用意をし、私たち猫執事のためにはフカフカのベッドを・・・。

夏服は洗濯してきちんと畳み、冬服を日干ししてクローゼットに仕舞う。ようやく衣替えを終え、冬支度は万全だ。

ここ北の国はもうすぐ雪に閉ざされる。

今年も一面の銀世界の中に月明かりと館の灯が灯る。

冬は幸せだ。

寒さは厳しいが、その中で暖かさが際立ち幸せを噛み締める事ができる。

今夜も館の扉が開かれる・・・。

その占いの館の名は「賢者の石」。

興味を持たれた方もそうでない方も、一度「電話占い 賢者の石」を訪れてみて欲しい。

きっと貴方にも光芒が降りて来るはず・・・。

copyright © 2014 占い館の猫執事 all rights reserved.

Pocket

あわせて読みたい