Vol.3「雨の土曜日」

 

11月は雨で始まった。

 

Trick or Treat!

昨日はハロウィン、近所の子供たちが仮装をしてひっきりなしに訪れた。
私たち猫執事はカボチャのお化けと一緒にお出迎え。

最近の子供というのは物怖じしない。
魔女の館と知っていてもイベントがあれば遠慮なく押し掛けて来る。

まあ、魔女たちも気さくな雰囲気なので、近所でも慕われる存在だ。

この時のためにお菓子を用意するのは私たち猫執事の役目だが、
魔女たちも占いをしつつ、手が空いた時には子供への応対を手伝ってくれた。

この館は年中ハロウィンみたいなものなので、子供たちも興味津々。
お菓子を受け取りながら、館の中をくりくりした目で覗き込む。

お客様もいらっしゃったので流石に招き入れる事はできなかったが、子供たちは礼と笑顔を残して帰って行った。

 

今日は近くの医者に薬を貰いに行く用事があった。

診察も受けたが私の心臓は特にいつもと変わりなく脈打っているようだ。

その帰り、道すがら昨日館を訪れた子供の母親に出会い、昨日の礼と共に畑で取れたジャガイモを頂いた。

寒くなりつつあるが、この街はそんなやりとりが暖かい。

今夜はこのジャガイモで料理をしよう。

 

今夜も館の扉が開かれる・・・。

その占いの館の名は「賢者の石」。

 

興味を持たれた方もそうでない方も、一度「電話占い 賢者の石」を訪れてみて欲しい。

きっと貴方にも光芒が降りて来るはず・・・。

 

copyright © 2014 占い館の猫執事 all rights reserved.

Pocket

あわせて読みたい