Q.3◆ 上手な鑑定のうけ方は?

Q.3 上手な鑑定のうけ方は?

A.

まず、鑑定を受ける前には、相談したい事や訊きたい事などをまとめておきましょう。

色々と話し始めると、つい大事な事を訊き忘れて終了してしまうことがあります。限られた時間の中で効率よく鑑定を受けるためには、予めメモを書いておくのも良いでしょう。
また、占いをうける「目的」を明確にしておくと、一層、良いと思います。
例えば「彼の気持ちを知りたい」だけなのか、知ったうえで「こうゆう風になりたい」という希望があるのか…。それとも、整理のつかないモヤモヤした気持ちを解消したいのか…。などなど「どうしたいのか」を話してください。

鑑定が始まる前に、希望の鑑定時間などがあれば、占い師に伝えておきましょう。ついつい話し込んでしまい鑑定終了後に「高額の請求が来てビックリ!」と言うのでは、せっかく悩みを解消しようと思って利用したのに、反対に悩みが増えてしまいます。占い師に「○分くらいで」などと伝え、お客様自身も時計を確認しながら鑑定をうけるのが、良いと思います。

鑑定中は、訊きにくい内容でも遠慮せずに話してください。普段、他人に相談出来ない事を相談できるのが「電話占い」の良いところです。
お客様によっては「こんなこと訊いたら変だと思われないかな?」と言われる方がいらっしゃいますが、こちらはプロですので、心配は無用です。
お客様のあらゆる相談に、しっかりと対応出来ますので、ご安心ください。

また、占い師が話した事やアドバイスなどは、メモをとっておくと、後でゆっくり見直す事ができるのでお薦めです。鑑定の時には、ピンッと来なかったことが、後になって「このことだ!」と確認出来ることもありますよ。

電話占いは、決して安価なサービスではありません。相談内容を事前にまとめ予算を決めて、時間とお金を無駄にしない様、賢く利用してください。

 

 

Pocket