当店の代表鑑定士/祈里 紀凜のお悩み解決事例集の Case 1 です。

Case 1:バツイチ女性の年下同僚への2年間の片思い


山口亜紀さん(仮名/41歳)からのご相談です。後輩男性に対する片思いを既に2年間も続けている状態で、相談に来られました。お相手の男性とは割と仲は良いが、2年間の間に彼女からのアプローチはなし、彼の方からも誘われたりとかはなく、あくまでも仕事を通しての付き合い止まりでした。

このケースの場合、まず最初に考えることは、どうして2年ももたついていたのか?と言う事です。男女の関係は(特に男性において)ファーストインプレッションが重要で、出会って間もない頃の方が相手に対する「興味」や「ポジティブな妄想」も大きくなります。出来れば早いうちに距離をつめて行く方がスムーズです。

 

では何故、彼女が積極的な行動に出られなかったのか?

  1. 彼女の受け身な性格&自信のなさ
  2. 自信のなさに追い打ちをかける「本人バツイチ&彼との歳の差」の事実
  3. 男性を自分から誘った経験がなく、何をすればいいかわからない

この「行動出来ない原因」を取り除くのが、占い師としての私の仕事になります。
1つめの彼女の性格的なことは、それを修正することよりも「彼だって受け身だったり自信がなかったりするよ」と言う事をお話しました。これは、彼の性質を占った結果から来るものです。これによって、彼女には「自分から動かないと何も変わらないかも…」と言う思いが芽生えます。
2つめの一見すると不利にみえる彼女のスペック。これは、彼との間では大きな障害ではありませんでした。と言うのも彼はかなり甘えん坊でママ的な女性を好むので、落ち着きと包容力のある年上の彼女がピッタリだと考えました。占いでみるかぎり、彼の方も彼女にかなり好意はもっていました。

 

一番重要な3つめの問題。きっかけを掴む行動です。

私から提案したのは、彼女の家に彼を招くこと。
まず、「出張先で珍しい地酒をみつけた」と言って彼を誘い出してもらいました。この口実を使ってのお誘いは、お酒好きの彼には、あっさりと成功しました。
当日、彼女の手料理でお互いが大好きな日本酒を飲み、自宅で夜遅くまで終電を気にせず一緒に過ごす。その内、彼の方が酔いつぶれるはずなので、そうしたら「風邪をひくから」と言って、彼女のベッドに誘導するように…。しばらく寝かせてあげて、彼女の準備が整ったらいつもの様にベッドに入ってもらう様に指示しました。
この作戦は、私の目論み通り成功しました。これをきっかけに二人はお付き合いを始め、めでたく結婚されました。

 

[STUDY Points]

このタイプの男性は、

  • 基本的には心は女子。白馬に乗った王子(王女)様を待っている
  • 女性を口説く事が苦手なので、すぐベッドに入りたがる
  • 一度関係を持つと、居心地が良ければ離れて行かない

もし、あなたの気になる彼がこのタイプの男性だったら、こんな作戦が有効かも…。

 

祈里紀凜 著

Pocket