当店の代表鑑定士/祈里 紀凜のお悩み解決事例集の Case 3 です。

Case 3:結婚1年目の同僚男性との不倫/略奪


柴田陽菜さん(仮名/27歳)からのご相談です。当時、陽菜さんは、既婚者の同僚男性と不倫関係にあり、彼との結婚を望んでおられました。
私のところへ相談に来られるお客様からのご依頼でメジャーなのは「片思い成就」「別れた恋人との復縁」「不倫からの略奪」などです。
そして、それらで達成の難易度の高い順が、不倫からの略奪 > 片思い成就 > 別れた恋人との復縁です。
先に理っておきますと「略奪」と言うのは、そう簡単に達成出来るものではないということです。多分、他の占い師の方でも同じ様な意見ではないかと思います。
難しいご依頼ではありますが、お相手の男性のタイプ別にいくつか方法論はあります。

彼女と彼は、同じ職場の同僚です。彼と不倫関係になったのは彼の結婚1年目のことで、すでにその当時、彼は結婚を後悔していた様です。結婚当初から、奥さんとは喧嘩が絶えず、彼と親しかった彼女はよく愚痴を聞かされていたようです。そうしている内に二人は深い関係に…。つまり、彼が既婚であると言うことを彼女も知っていて、同意の上での付き合いが始まりました。
そして、型通りの「不倫」パターンです。彼女は結婚したい、彼は離婚はできない。

 

最初に、私のところに来られた時は、こんな事をお話しました。

  1. 彼の奥さんへの愛は冷めているが、結婚への責任感は損なわれていない
  2. 彼女への愛情は本物だけれど、愛を貫く為に離婚はしない
  3. 彼にとって、恋愛は私的なもので、結婚は社会的なもの

女性にありがちなのですが、奥さんよりも自分に対しての「愛情」が増して行けば、「結婚」出来るに違いないと考える様です。しかし、男性にとって「愛情」と「結婚」は、イコールで結ばれるものではありません。
ましてや既に結婚している場合は、大抵の男性にとっては「個人の喜びや楽しみ(恋愛)」よりも「社会的な評価や信頼(結婚)」の方が重要なので、責任感の強い男性や社会的地位の高い男性ほど、安易に離婚という選択はしないでしょう。
また、いくら奥さんへの愛が冷めたと言っても、非のない相手に自分のペナルティが原因の離婚を迫ることは、まともな男性だとなかなか出来ません。

 

では、略奪に向けての対策です。

実は、この彼が女性との関係で重要視するのは「愛情」ではなく「理解」です。
奥さんとの結婚生活がまだ短く、子どももいないので、このまま彼との付き合いを深めて行く事で、彼の信頼感を勝ち取って行くことが最も有効です。
そして、彼 or 奥さんが「カタチだけの結婚」が無意味だと気付くまで彼女は影の存在でいるべきです。時間はかかるかも知れないが、彼女の彼への気持ちがしっかりとあれば、時間がかかればかかるほど略奪の可能性は高くなります。

…と、私の方では対策をたて、実行出来るかどうかは、彼女の覚悟しだいと言うところだったのですが、事態は思わぬ方向へ進んでいた様です。

 

半年後、久しぶりに陽菜さんが相談に来られました。彼の子どもを妊娠されていました。不倫関係は彼女の妊娠が切っ掛けで大きく動く事になりました。ここでは割愛しますが、結果、彼の離婚が成立しました。

 

[STUDY Points]

この略奪の勝因は何だと思いますか?

  • 社会的な評価や信頼よりも我が子への「責任」の方が大きい

この1つに尽きるでしょう。

 

後日談になりますが、残念ながら、この彼女と彼は離婚されました。どちらが悪いと言う明確な原因があったわけではなく、略奪劇が繰り広げられている最中のお互への不信感が原因となった様です。
ちゃんと離婚してくれるのか、妊娠し追いつめられていた彼女の方が情緒不安定になってしまって、彼のことを罵ったり責めたり…。彼の方も離婚がスムーズに進まず、かなりのストレスを抱え込んでいました。お互いを思いやる気持ちも持てず、疑心暗鬼になり、大きな衝突をすることも多々ありました。
結局のところ、この試練を乗り越えるのに1番必要な「信頼感」が育つほど、ふたりの関係性が成熟していなかった様です。
略奪を成し遂げると言うのは、かなりの精神力を必要とします。ましてや、何の遺恨も残さないようにやり遂げ、未来の人生にしっかりと繋げて行く事は至難の業です。

もし、あのタイミングで妊娠がなかったら、彼女に略奪は難しかったかも…。

 

祈里紀凜 著

Pocket