当店の代表鑑定士/祈里 紀凜のお悩み解決事例集の Case 5-2 です。

Case 5-2:バイト先の既婚男性との不倫/略奪[後編]


前回、柏木佳子さん(仮名/26歳)からのご相談の続編です。
佳子さんに略奪に向けての対策をたてた鑑定の数ヶ月後、二人の意思とは別に事態は急変しました。彼の奥さんに二人の関係が知られてしまったのです。
奥さんから佳子さんへは、怒りと侮辱の電話やアルバイト先への嫌がらせなどがありました。詳しく伺ってみると、かなり支離滅裂な行動をとっておられ、占いをするまでもなく、奥さんはかなり感情的で短気な方だと推測出来ました。
佳子さんに奥さんの生年月日を入手して頂き、それを元にピンチをチャンスに変えるべく対策を考えました。

 

問題解決に向けての対策です。

  1. 感情的な妻からの電話には冷静すぎるくらいの対応を
  2. 彼には今まで通り優しく接すること
  3. 妻が離婚に突進してくれるので待っていれば良い

佳子さんは、本当に何もしなくて良いのですか?と不安そうに質問されました。
実は、この奥さんは短気で勝ち負けに拘る性格、かなり感情的、情緒不安定なタイプです。夫が浮気をしていれば、夫と相手の女性を徹底的に叩きのめし、謝らせないと納得しない。自分が完全に勝つまで怒りが治まらないタイプの奥さんは、自分の思い通りに物事が進まないと、言動がどんどんエスカレートしていくと予測できます。
つまりこの奥さんは、こちらが感情的に相手にしない(売られた喧嘩を買わない)でいると怒りが冷めず、本人にその意志がなくても暴走列車のごとく、離婚まで突っ走ってしまう「自爆型」の女性だったのです。

 

実際、私の思惑通りに事態は動いて行きました。
当初奥さんは、「子どもが大きくなるまで5年は離婚しない!」と主張しました。佳子さんには、この奥さんはそんなに待てないから「分かりました5年待ちます。」と伝える様に指示しました。そういう佳子さんの落ち着いた対応が、奥さんの気分を余計に逆撫でして行きました。
万事そういう対応していくうちに、たった2ヶ月後には離婚調停が始まっていました。
これは、奥さんから「離婚」に向けての条件の擦り合わせをするために起こしたものです。その提示された条件は、あまりに非常識で奥さんの元々の人間性に疑問さえ感じるものでした。ここでは、その一部だけに触れておきます。
前夫との間に出来た二人の子どもとの「養子縁組」は解消させない。なので、子ども達が成人するまでの養育費の請求がされていました。この話を聞いた時、私は、鳥のカッコウを思い出しました。果たして、この奥さんにとって再婚相手の彼は、どんな存在だったのでしょうか?

佳子さんは、奥さんに慰謝料を払うことになるでしょう。それは、彼女が負うべき当然の責任であり、彼女も納得していました。彼の方も奥さんからの攻撃が日に日に酷くなって行く中で、一日も早く逃げ出したい状況だったのでしょう。離婚調停が始まる頃には、自宅ではなく彼女のアパートに帰ってくるようになっていました。

結果、無事離婚が成立しました。(子ども達の養育費請求は途中で取り下げ)
今回の場合、もし不倫相手の妻がこの奥さんみたいなタイプではなく、ドッシリと構えて理性的に対処する女性だったら、離婚までは発展しなかった可能性が大きいです。

 

[STUDY Points]

このタイプの妻は、

  • どこちらが喧嘩を買わず冷静でいると、どんどんフラストレーションがたまる
  • 自爆型の人は勝手に暴走していくので、こちらは傍観している方が良い

もし、このタイプの妻から夫を奪うには、こんな作戦が有効かも…。

 

祈里紀凜 著

Pocket