当店の代表鑑定士/祈里 紀凜のお悩み解決事例集の Case 8 です。

Case 8:復縁した彼が婚約中だと言うのに浮気!?


電話占いで2年のお付き合いをさせて頂いている、長山華絵さん(仮名/33歳)からのご相談です。この日、華絵さんから閉店間際という深夜にご依頼を頂きました。いつもとは違う時間帯だったので、咄嗟に「何かトラブル?」と思いました。私は少し緊張気味で華絵さんにお電話したのを憶えています。

相談内容は、婚約中の彼の浮気疑惑でした。彼女の部屋でふたりで過ごしている時に、彼の携帯に彼女の知らない女性からの着信がありました。彼女は電話に出る様に促したのですが、彼は出ようとしなかったので「怪しい」となってしまったのです。
その後、ふたりは口論になり、彼の方が「俺は浮気なんかしてない!」と携帯電話を彼女に投げつけて、そのまま放置して帰ってしまいました。深夜だったのですが、その後すぐ、鑑定に来られました。

私はまず、華絵さんに「何が知りたいのか?」「知った上で、どうしたいのか?」と言う事をうかがいました。彼女の答えは、「浮気の真偽を確かめたい」「白でも黒でもちゃんと話し合いがしたい」「黒だったら別れます」ということでした。
そこでタロットカードを使って「浮気の真偽」「彼の華絵さんに対する気持ち」「華絵さんの彼に対する本心」等々を占ってみました。

占断結果は、浮気に関しては、真っ黒ではなくてグレーの可能性が高い。彼の心が揺れているのと、彼の近くに「邪な気持ちを持った女性」の存在が暗示されていました。また、彼の華絵さんに対する愛情はしっかりとありました。
一方で華絵さんの気持ちは、と言うと、「黒だったら別れます」とは言うものの、本心では別れる事は望んでいなくて、ただ彼に腹が立っている様でした。

別れることをお互いが望んでいないものの、気を引き締めてかからないと、このカップルは二人ともが「短気」で「負けず嫌い」。売り言葉に買い言葉になって、別れなくて良い話を、別れることにし兼ねない組み合せなのです。

 

今回の問題のポイントです。

  1. 彼女本人は別れを回避したいと、本当は思っている
  2. 彼の浮気に関しては、まだグレーである
  3. 彼を話し合いのテーブルにつかせることが重要

 

さて、解決に向けての対策です。

まずは、ちゃんと話し合う事です。彼の性格だと自分に非のあることだと感情的になってしまい、話し合いにならない可能性が高く、そうなると華絵さんの彼に対する「不信感」と「怒り」は増幅する一方になってしまいます。

華絵さんには「許す」ことを前提に、話し合いをしたいと要求してもらいました。
「私は貴方が万が一、浮気をしていたとしても、今回だけは絶対に許します。浮気をしてたことよりも、ちゃんと話し合えないことの方が、結婚するにあたって不安に思います。だから、感情的にならずに、ちゃんと話してください。」と言う風です。
「許す」ことを前提にすれば、彼は素直に話をしてくれるでしょうから…。

結果は、彼は冷静にちゃんと華絵さんと向き合って、話し合いに応じた様です。やはり、「浮気」の事実はなく、ただ元カノと曖昧なやりとりを続けていたそうです。華絵さんは、彼にきつめにお灸をすえ、彼も謝り優しくなって、その後は二人の関係も以前より仲良くなりました。と、報告を頂きました。

文字通り「雨降って地固まる」ことが出来たようです。

 

[STUDY Points]

このタイプの男性は、

  • 自分に非のあることだと感情的になって話し合いが出来ない
  • 許すことを前提にすると前向きな話し合いが可能になる
  • トラブルの解決の仕方によって信頼感が一層大きくなる。

もし、あなたがこのタイプの彼の浮気疑惑を解消したいなら、こんな対策が有効かも…。

 

祈里紀凜 著

Pocket